2009年4月14日 « トップへ » 2009年10月22日

2009年4月15日

指導医である、院長自ら手術

認定証院長の今井は日本補綴(ほてつ)歯科学会の、専門医であり、指導医でもあります。

補綴(ほてつ)とは、インプラント、入れ歯、ブリッジなど、歯を失った際の治療方法のこと。
ただ削って詰めるだけではなく、かむ、飲み込む、しゃべるなど「歯が健康だったときのように機能回復」するための治療です。

専門医や指導医になるためには、解剖学や病理学などの基礎医学、学会での発表・論文の発表など、多くの厳しい選考基準が存在します。
特に指導医は、学会が認める最高の資格で、専門医を指導する責任ある立場です。

補綴の指導医は全国の歯科医10万名中、わずか640名しかおりません。
特に千葉県ではたった32名で、開業医の数としては、さらに約半分の人数になります。
※2009年11月現在

多くの症例と確かな技術で、安心のインプラント手術をお約束します。

先生の先生。院長の技術は、多くの先生からも評価されています

ぐみょう今井歯科医院は千葉県の中で唯一の、補綴専門医を養成できる「日本補綴歯科学会認定研修機関」としても登録されています。

いわば、院長は「先生の先生」です。

指導医としての知識・経験を生かし、月1度のインプラント勉強会の講師やライブオペなど、技術指導者としても活躍してきました。
先生の先生01先生の先生02先生の先生03

安心できる治療環境をご用意しています

「自信と確信は違う」

これは、当院の院長が大切にしているポリシーです。

インプラント手術を何百・何千症例も行ってきた院長ですが、決して自分の"自信"だけで手術を行うことはありません
患者さまを、決してリスクにさらさないために、"確信"を持った治療を行います。

例えば、手術前にはCT(院内に完備しています)を使って骨の状態を綿密に確認し、正確な埋入位置を診断することで、より安心な治療を行います。
最新の感染対策設備を整え、院内感染にも配慮しております。

また、治療前の準備や手術のサポート、術後のケアはインプラント学会認定専門衛生士が行います。
衛生士の中でもインプラントの知識が豊富な衛生士によって、安全な治療が実現できます。

インプラントの上につける人工の歯(かぶせ物)についても、インプラント学会認定専門技工士が作ります。インプラントに最適な形状、強度を考え、高品質なかぶせ物をご提供いたします。

少しでも患者さまに安心して手術を受けていただきたい。
そんな決意で、治療を行っております。

インプラント治療のメリット

歯を失ってしまった歯を戻す治療法には、

・入れ歯
・ブリッジ
・インプラント

の3つの治療方法があります。なかでも、私たちがお勧めするのはインプラントです。

インプラントの最大のメリットは、"天然歯に近い噛み心地"です。

入れ歯やブリッジは歯の表面への治療方法であるのに対し、インプラントは根元からの治療です。噛み心地は歯根に直接伝わり、力強く噛むことができます。

従来、入れ歯では食べづらかったおせんべいなども、バリバリと音を立てて食べることができます。カケラを詰まらせる心配もないので、あの嫌な痛みからも解放されます。
噛む力が均等になり、ご飯もおいしく食べられるようになります。

また、部分入れ歯やブリッジのように、他の健康な歯を削る必要もありません。
普段と同じように歯を磨いておけば、口臭に悩まされることもありません。
見た目も美しいので、思う存分口を開けて笑い、会話を楽しむことができます。

インプラントで、限りなく天然の歯に近い噛み心地を手に入れましょう。

多くの臨床経験から選び抜かれたインプラント

当院では、カルシテック・インプラントと呼ばれるインプラントを採用しております。

カルシテック・インプラントこのインプラントの特徴は、骨との親和性。
骨とインプラントが"くっつきやすい"ということです。
ですから、骨粗しょう症の方でも、安心して埋入することができます。
※患者さまの骨の状態によります。
また、骨のくっつきやすさから、手術の回数も少なくなるので、カラダへの負担が少ないインプラントといえます
くっつきやすさの秘密は、この表面に使われている、「ハイドロキシアパタイト」と呼ばる素材。
顎(あご)の中で積極的に骨と結合しようとする生体活性材料です。

カルシテック・インプラントは、欧米人に比べて骨の密度が低い日本人にとって、非常に効果的なインプラントです。

現在流通しているインプラントメーカーを一通り試した結果、最終的に選んだのが、
このカルシテック・インプラントでした。

ドリルを使わず、痛みも少ない【OAM/大口式】

インプラント手術は、骨を削る痛いもの。
あなたはそう思っていませんか。

当院では、安全で痛みも少なく、ドリルを使わないインプラント埋入方法をご用意しています。

この術式の名前は大口式インプラント(OAMインプラント)
大口弘歯科クリニック院長:大口弘氏が考案した画期的な手術方法です。

大口式インプラントは、ドリルを使いませんし、骨もほとんど削りません。
特殊な針を使い、手作業でゆっくりとインプラントを埋入していきます。
そのため、大口式インプラントには多くのメリットがあります。

大口式インプラントのメリット
 ・骨を削らないので、出血が少なく、身体に負担がかからない
 ・ドリルの音や振動がないため、心理的に安心できる
 ・手術回数が少なくて済む=短期間での治療が可能
 ・骨の吸着力が強く、インプラントが固定しやすい=安心
 ・高血圧・骨そしょう症の方でも埋入できる

ドリルを使った手術では、骨を削るため、「神経を傷つけてしまった」という医療事故も過去には発生していました。

しかし、OAM式インプラントでは、最初に開くのはケシの実ほどの小さな穴です。
その穴を特殊な器具を使って「手作業」で少しずつ骨を広げていくので、「誤って神経を傷つける」といった事象はほとんどありません。

また、骨を削らないので出血も少ないため、体への負担がほとんどありません。
治りも早く、通院期間も短くて済むのです。

OAMインプラント

最短2ヶ月で噛める~抜歯即時インプラント

最短2ヶ月で噛める~抜歯即時インプラント抜歯即時インプラントとは、歯を抜いたその日に、インプラントを埋入する手術方法です。
一般的なインプラント治療は、抜歯後、骨の回復を待つ必要があります。
そのため、噛めるまでを半年ほどかかっていました。

これに対し、抜歯即時インプラントでは最短2ヶ月~3ヶ月で噛むことができます。
また、骨の回復を待って手術を行う必要がないため、手術回数は1回で済むのです。

また、歯の抜けている期間もないので、治療中でも他人に気づかれません
「早く噛みたい」「手術に不安がある」という方、ぜひ当院での抜歯即時インプラントをお勧めいたします。

※抜歯即時インプラントは骨の状態が良い人にのみ行えます。


2009年4月14日 « トップへ » 2009年10月22日


文字サイズ
を変更する