2009年4月 3日 « トップへ » 2009年4月 5日

2009年4月 4日

セミナー、インプラント講師を行っています

ライブオペの様子
▲インプラントライブオペの様子。こうしてインプラント歯科医を育成します。

ライブオペの様子
▲手術だけではなく、講義形式で知識と技術を教えることもあります。

院長経歴

院長経歴院長:今井 守夫

【経歴】
1984年 徳島大学歯学部卒業
1988年 徳島大学大学院修了
1992年 ぐみょう今井歯科医院開業
1997年 健康雑誌「安心」1月号「厳選!信頼できる入れ歯の名医全国リスト500人」の1人に選ばれる
1998年 「歯は保険でここまで治る!あなたは本当によい歯医者にかかっていますか?」共同執筆で出版
2001年 「信頼できる歯医者さん2000人」の1人に選ばれる
2008年 「歯科の実力(読売新聞社)」に掲載される
2011年 歯科医師が読む専門誌「季刊歯科医療」に入れ歯治療技術を連載
2012年 歯科専門誌デンタルダイヤモンド「ルポルタージュ医院経営」にモデル医院として掲載
2013年 歯科専門誌デンタルダイヤモンドに「入れ歯治療技術」を掲載

院長【資格】
歯学博士
日本補綴歯科学会 専門医,指導医
日本口腔インプラント学会 専門医
日本顎咬合学会 認定医
バイオインテグレーション学会 理事
日本アンチエイジング歯科学会 認定医
国際審美学会 OAM先進インプラント 認定医
日本一般臨床医矯正研究会 認定医,理事
介護支援 専門員
厚生労働省歯科医師臨床研修 指導医
日本糖尿病協会歯科医師 登録医
スタディグループ「現代歯学研究会」主幹

高齢者医療のプロフェッショナル

高齢者医療のプロフェッショナル院長は「介護支援専門員」、いわゆる「ケアマネジャー」の資格を持った歯科医です。

「高齢の両親にインプラント手術を受けさせたい」と考えている方も、ご相談ください。
高齢者にもやさしいカウンセリングや治療を行っております。

例えば、麻酔は体調を見てしっかり調整。必要であれば専門の麻酔医が来て、患者さまの体調に合わせた麻酔を行い、容態の変化がないかも随時チェックいたします。

また、インプラント手術において、例えば糖尿病のような持病をお持ちの方は大きなリスクとなります。
当院では、疾患のある方にも安心して治療を受けていただけるよう、さまざまな医療機関と連携。
東京歯科大学の口腔外科医に来ていただき、患者さまが普段飲んでいるお薬の確認を行うこともあります。

インプラントを埋入する骨の状態も、事前に院長がしっかり把握。
補綴医として長年携わってきた入れ歯治療の経験があるからこそ、高齢の方のお口の状態を解剖学的な観点から知り尽くしており、高齢者への治療に最大限に発揮できていると自負しております。

ただ、どんなに設備や技術があっても不安な方も多いと思います。
そんなときは、遠慮なく言ってください。
経験豊富な院長はもちろん、インプラントの知識が豊富な、日本口腔インプラント学会認定専門衛生士も患者さまをサポートいたします。
手術中、スタッフが手を握るだけでも安心される方が多いです。

ちなみに日本口腔インプラント学会認定専門衛生士は看護士でもあり、患者様のサポートのプロです。
車椅子の患者様がいらっしゃったときには、どうやったら楽に身体を移せるかなど、付き添いの方にアドバイスすることもございます。

技術や環境はもちろん、患者さまの不安をしっかり受け止め、その上で安心して手術を受けていただくために全力を尽くします。


2009年4月 3日 « トップへ » 2009年4月 5日


文字サイズ
を変更する