2009年3月 « トップへ » 2009年10月

2009年4月15日

指導医である、院長自ら手術

認定証院長の今井は日本補綴(ほてつ)歯科学会の、専門医であり、指導医でもあります。

補綴(ほてつ)とは、インプラント、入れ歯、ブリッジなど、歯を失った際の治療方法のこと。
ただ削って詰めるだけではなく、かむ、飲み込む、しゃべるなど「歯が健康だったときのように機能回復」するための治療です。

専門医や指導医になるためには、解剖学や病理学などの基礎医学、学会での発表・論文の発表など、多くの厳しい選考基準が存在します。
特に指導医は、学会が認める最高の資格で、専門医を指導する責任ある立場です。

補綴の指導医は全国の歯科医10万名中、わずか640名しかおりません。
特に千葉県ではたった32名で、開業医の数としては、さらに約半分の人数になります。
※2009年11月現在

多くの症例と確かな技術で、安心のインプラント手術をお約束します。

先生の先生。院長の技術は、多くの先生からも評価されています

ぐみょう今井歯科医院は千葉県の中で唯一の、補綴専門医を養成できる「日本補綴歯科学会認定研修機関」としても登録されています。

いわば、院長は「先生の先生」です。

指導医としての知識・経験を生かし、月1度のインプラント勉強会の講師やライブオペなど、技術指導者としても活躍してきました。
先生の先生01先生の先生02先生の先生03

安心できる治療環境をご用意しています

「自信と確信は違う」

これは、当院の院長が大切にしているポリシーです。

インプラント手術を何百・何千症例も行ってきた院長ですが、決して自分の"自信"だけで手術を行うことはありません
患者さまを、決してリスクにさらさないために、"確信"を持った治療を行います。

例えば、手術前にはCT(院内に完備しています)を使って骨の状態を綿密に確認し、正確な埋入位置を診断することで、より安心な治療を行います。
最新の感染対策設備を整え、院内感染にも配慮しております。

また、治療前の準備や手術のサポート、術後のケアはインプラント学会認定専門衛生士が行います。
衛生士の中でもインプラントの知識が豊富な衛生士によって、安全な治療が実現できます。

インプラントの上につける人工の歯(かぶせ物)についても、インプラント学会認定専門技工士が作ります。インプラントに最適な形状、強度を考え、高品質なかぶせ物をご提供いたします。

少しでも患者さまに安心して手術を受けていただきたい。
そんな決意で、治療を行っております。

インプラント治療のメリット

歯を失ってしまった歯を戻す治療法には、

・入れ歯
・ブリッジ
・インプラント

の3つの治療方法があります。なかでも、私たちがお勧めするのはインプラントです。

インプラントの最大のメリットは、"天然歯に近い噛み心地"です。

入れ歯やブリッジは歯の表面への治療方法であるのに対し、インプラントは根元からの治療です。噛み心地は歯根に直接伝わり、力強く噛むことができます。

従来、入れ歯では食べづらかったおせんべいなども、バリバリと音を立てて食べることができます。カケラを詰まらせる心配もないので、あの嫌な痛みからも解放されます。
噛む力が均等になり、ご飯もおいしく食べられるようになります。

また、部分入れ歯やブリッジのように、他の健康な歯を削る必要もありません。
普段と同じように歯を磨いておけば、口臭に悩まされることもありません。
見た目も美しいので、思う存分口を開けて笑い、会話を楽しむことができます。

インプラントで、限りなく天然の歯に近い噛み心地を手に入れましょう。

多くの臨床経験から選び抜かれたインプラント

当院では、カルシテック・インプラントと呼ばれるインプラントを採用しております。

カルシテック・インプラントこのインプラントの特徴は、骨との親和性。
骨とインプラントが"くっつきやすい"ということです。
ですから、骨粗しょう症の方でも、安心して埋入することができます。
※患者さまの骨の状態によります。
また、骨のくっつきやすさから、手術の回数も少なくなるので、カラダへの負担が少ないインプラントといえます
くっつきやすさの秘密は、この表面に使われている、「ハイドロキシアパタイト」と呼ばる素材。
顎(あご)の中で積極的に骨と結合しようとする生体活性材料です。

カルシテック・インプラントは、欧米人に比べて骨の密度が低い日本人にとって、非常に効果的なインプラントです。

現在流通しているインプラントメーカーを一通り試した結果、最終的に選んだのが、
このカルシテック・インプラントでした。

ドリルを使わず、痛みも少ない【OAM/大口式】

インプラント手術は、骨を削る痛いもの。
あなたはそう思っていませんか。

当院では、安全で痛みも少なく、ドリルを使わないインプラント埋入方法をご用意しています。

この術式の名前は大口式インプラント(OAMインプラント)
大口弘歯科クリニック院長:大口弘氏が考案した画期的な手術方法です。

大口式インプラントは、ドリルを使いませんし、骨もほとんど削りません。
特殊な針を使い、手作業でゆっくりとインプラントを埋入していきます。
そのため、大口式インプラントには多くのメリットがあります。

大口式インプラントのメリット
 ・骨を削らないので、出血が少なく、身体に負担がかからない
 ・ドリルの音や振動がないため、心理的に安心できる
 ・手術回数が少なくて済む=短期間での治療が可能
 ・骨の吸着力が強く、インプラントが固定しやすい=安心
 ・高血圧・骨そしょう症の方でも埋入できる

ドリルを使った手術では、骨を削るため、「神経を傷つけてしまった」という医療事故も過去には発生していました。

しかし、OAM式インプラントでは、最初に開くのはケシの実ほどの小さな穴です。
その穴を特殊な器具を使って「手作業」で少しずつ骨を広げていくので、「誤って神経を傷つける」といった事象はほとんどありません。

また、骨を削らないので出血も少ないため、体への負担がほとんどありません。
治りも早く、通院期間も短くて済むのです。

OAMインプラント

最短2ヶ月で噛める~抜歯即時インプラント

最短2ヶ月で噛める~抜歯即時インプラント抜歯即時インプラントとは、歯を抜いたその日に、インプラントを埋入する手術方法です。
一般的なインプラント治療は、抜歯後、骨の回復を待つ必要があります。
そのため、噛めるまでを半年ほどかかっていました。

これに対し、抜歯即時インプラントでは最短2ヶ月~3ヶ月で噛むことができます。
また、骨の回復を待って手術を行う必要がないため、手術回数は1回で済むのです。

また、歯の抜けている期間もないので、治療中でも他人に気づかれません
「早く噛みたい」「手術に不安がある」という方、ぜひ当院での抜歯即時インプラントをお勧めいたします。

※抜歯即時インプラントは骨の状態が良い人にのみ行えます。

2009年4月14日

最新の治療技術で、患者さまのお悩みを解決します

■入れ歯が動いて不快な方・・・ミニインプラント
ミニインプラント細く小さいインプラントを下あごに4本入れる事で、入れ歯の安定させる治療法です。
基本的に1回の来院で終了し、歯ぐきを切る事がなく治療後すぐに食事ができます。


入れ歯をインプラントで固定するので、食事中に動く事や外れる事はありません。
もちろん、簡単に取り外し可能で、入れ歯は洗う事ができ、清潔な状態を保てます。

この治療は入れ歯が安定しない不満を持つ方への最良の解決手法です。

※下あごの歯が1本も無い方への治療法となります。

■インプラント手術が怖い方・・・大口式インプラント
大口式インプラント
ドリルを使用することなく、針灸治療に用いるような針を使用し、骨表面にとても小さな穴を開け、その穴を少ずつ広げて人工歯根を入れる方法です。
骨を削らないので傷も小さく、痛みもなく、ほとんど出血もありません。
そのため治りも早くて通院も短くて済む方法です。
 ⇒ドリルを使わず痛みも少ないOAMインプラントとは

他院さまで「インプラントはできない」と断られたことのある方へ

他院さまで「インプラントはできない」と断られたことのある方へご存知のように、インプラントはあごの骨にチタン製の人工歯根を埋め込む手術です。
そのため顎の骨の幅や高さがない場合、インプラントができない場合があります。
しかし、当院では人工的に骨を増やす「増骨手術」が可能です。
実際、多くの患者さまがこの手術によって、インプラントを埋入しております。

ここで増骨手術をいくつかご紹介いたします。

■GBR法
骨が不足している部分に、人工膜を覆うことで骨を作るスペースを確保し、その中に、人工骨などを詰めて、骨の再生を促す治療法です。

■ソケットリフト
上アゴにインプラントを施す場合に行う治療手法です。
上アゴは下アゴと異なり、空洞部が大きく、インプラントを固定するために、空洞部に骨をつくる治療を行う場合があります。

■リッジエクスバンジョン
インプラント埋入にあたって、骨の幅が狭い場合に行う治療手法です。
狭い箇所を専用の器具で広げます。

■ミニインプラント
下あごの歯が1本も無い方への治療法となります。
この治療は入れ歯が安定しない不満を持つ方への最良の解決手法です。
細く小さなインプラントを下あごに4本入れる事で、入れ歯を安定させます。
入れ歯は取り外し可能で、衛生面でも優れています。

2009年4月13日

抜歯即時インプラントの利点

■痛みが抑えられる
 ⇒切開、はく離をしなくて済む事が多いため

■腫れがでることがあまりない
 ⇒切開、はく離をしなくて済む事が多いため

■1回の手術回数で終わる
 ⇒身体的、精神的負担が少ない ※通常は抜歯とインプラント手術の2回行う

■従来の1/2の治療期間
 ⇒抜歯と同時にインプラント埋入するため

■傷口の回復が良い
 ⇒抜歯直後は、生体の治癒力が活発に働くため

■ドリルで骨を削る量・時間が少ない

■治療中も他人に気づかれることがない

2009年4月12日

安心して治療を受けていただくための「5つのステップ」

安心して治療を受けていただくための「5つのステップ」より安全な治療を行うために、ひとつずつ治療手順を何度も確認・修正を加えながら、慎重かつ丁寧に行なえる体制を整えています。


【1:模型およびパノラマCTによる埋入位置・角度の確認、診断用ガイド製作】
当院ではレントゲン後、すぐにインプラントを埋入する事は致しません。
あなたの口腔模型から一番安定し、学術的に正しい位置を計算します。
安心して治療を受けていただくための「5つのステップ」1
次へ
【2:診断用ガイドを利用して、パノラマ及びCTによる治療部位の撮影】
目視はもちろん、平面では判り難い骨の構造を立体的に判断できるCT装置を導入。
自院に設置する事で、いつでも、より確実な診療を行なう事が可能となっています。
安心して治療を受けていただくための「5つのステップ」2
※写真は上あごの空洞が大きく骨の厚みが薄い人に行うソケットリフトの症例です。
次へ
【3:サージカルガイドの作成】
埋入位置の測定後、実際の治療中に 、正しく、安定する位置と角度、深さを再現できるように、治療器具を固定するサージカルガイド※を作成します。
もちろん、この時点でも、安定性・安全性をも実現するために、何度も修正を加えていきます。

※「サージカルガイド」とはドリルの角度を正確な位置に導き、さらにドリルがぶれないようにする医療器具です
安心して治療を受けていただくための「5つのステップ」3
次へ
【4:治療用具の確認】
治療の安全性の為、器具の滅菌は当然行なってる他、最新の治療用具を揃えています。
安心して治療を受けていただくための「5つのステップ」4
次へ
【5:正しく安定した位置に埋入】
実際の治療に入る前の入念な検査・診断を行なうだけではなく、安心して治療を受けていただく為にも、ほぼ毎週、新たな技術の修得・研鑽に努めています。
安心して治療を受けていただくための「5つのステップ」5

インプラント治療の解説図
インプラント治療詳細

2009年4月 9日

価格表

インプラントの価格
内容 価格(税抜)
診断
カウンセリング
カウンセリング お口の中の状況は人によって様々です。レントゲン・歯型模型等を使用し、口腔状況がインプラントに適しているか、また、どのように治療すべきかの判断を行い、最適・最良の治療手法を診断します。 20,000円
治療費 治療費 治療は人工歯の根の価格を含む、埋め込み固定するところまでの費用です。生体材料をアゴの骨にしっかりとくっ付けることで、しっかりとした噛み心地を再現することが可能になります。 230,000円
人工歯 人工歯 天然歯に変わる、人工の歯です。できるだけ周囲の天然歯に近い色を選ぶことで、笑った時も食事をしている時も人目を気にすることはありません。(その他の人工歯の種類もございますのでご相談ください) 70,000円
GBR法 GBR法 骨が不足している部分に、人工膜を覆うことで骨を作るスペースを確保し、その中に、人工骨などを詰めて、骨の再生を促す治療法です。 70,000円
(一箇所につき)
ソケットリフト ソケットリフト 上アゴにインプラントを施す場合に行う治療手法。上アゴは下アゴと異なり、空洞部が大きく、インプラントを固定する為に、空洞部に骨をつくる治療を行う場合があります。 50,000円
(1本あたり)
リッジエクスバンジョン
・スプリットクレスト
リッジエクスパンジョン インプラント埋入にあたって、骨の幅が狭い場合に行う治療手法です。狭い箇所を専用の器具で広げます。 70,000円
(1本あたり)
ミニインプラント ミニインプラント 下あごの歯が1本も無い方への治療法となります。この治療は入れ歯が安定しない不満を持つ方への最良の解決手法です。細く小さなインプラントを下あごに4本入れる事で、入れ歯の安定させます。入れ歯は取り外し可能で、衛生面でも優れています。 160,000円×4本

現金・クレジットカードがご利用できます

【使用できるクレジットカード】
VISA/JCB/NICOS/MasterCard/UFJカード/アメリカン・エキスプレス/ダイナースクラブ/DCカード
カード
ご利用可能なお支払い方法などはお問い合わせください。

インプラント治療費の考え方

当院ではお客様の負担が少ないよう、できるだけ費用を抑えた価格で提供させて頂いています。

保険診療でももちろん、歯の噛むという本来の機能は復元できるのですが、近年言われている金属アレルギーやガルバニショックなどの対応は残念ながら保険内治療と認められていません。

現在のところ、最新の技術・材料を使用した治療は自由診療となります。
当院では、院内に専門の技工士を抱えていることで、価格の高騰を抑えています。
技工士を医師のそばにおくことによって、確実な審美製と患者さま個人に応じた状況を再現します。
自由診療の価格も公表し、治療を受けられるに際して納得の上での自由治療となるようにと考えています。

また、自由診療については保証期間を設けております。

インプラントの治療費は医療費控除の適用になりますので医療費控除を利用するかしないかではかなりの負担額が違ってきます。
当院では患者さまのご負担を少しでも減らせるよう、徹底した説明を心がけております。

>> 医療控除について

2009年4月 8日

些細な疑問もどうぞご遠慮なく

些細な疑問もどうぞご遠慮なく「インプラントっていいの?」
「自分でもできる?」
「費用はいくらぐらいかかる?」

インプラント治療を考えている方は、多くの疑問を感じていると思います。私たちは、そんな疑問に丁寧にお答えしたいと考えております。

入れ歯では満足できない方、残りのご自分の歯を長く持たせたい方、快適で、おいしい食事を楽しみたい方、どうぞインプラント治療を検討してみてください。

どんな些細な疑問でも結構です。あなたのご来院を心よりお待ちしております。

2009年4月 6日

あなたの頭痛、かみ合わせが原因かも?~かみ合わせ治療

あなたの頭痛、かみ合わせが原因かもむし歯、歯周病はもちろん、肩こり、首筋のこり、頭痛、耳鳴り、めまい、腰痛...etc.

あなたの悩みは、ひょっとすると『かみ合わせ』が原因かもしれません。

これらの症状は、かみ合わせの治療を行うことで、改善される場合もあるのです。
ぐみょう今井歯科医院院長は、かみ合わせのエキスパート
日本補綴歯科学会補綴専門医・指導医として長年治療を行ってきました。

治療では、かみ癖、歯ぎしり、くいしばり、抜きっぱなしの歯など、何らかの原因でずれてしまったかみ合わせを、一番リラックスできる位置に調整します。

「毎日磨いていてもむし歯になってしまう」「肩こりがひどい」という方は、ぜひ一度ご相談ください。

院長は入れ歯治療のエキスパート~入れ歯・義歯・歯牙移植治療

院長は入れ歯治療のエキスパート当院の入れ歯治療は、噛合せ専門医の資格を持った院長が責任を持って行います。

歯型をとる段階からこだわり、しっかり噛める入れ歯作りで、多くの患者さまから喜びの声をいただいております。


また、寝たきりの方への入れ歯の作成、補修も可能です。
もし、入れ歯のことでお悩みがございましたら、ぜひ、お気軽にご相談ください。

歯が痛み出したら~むし歯治療

歯が痛み出したら~むし歯治療当院では、健康保険の適応範囲内でむし歯治療・根の治療も行っております。

放置して悪化してしまった虫歯がある方や、すでに歯を失ってしまった方も、ぜひ一度ご相談ください。

当医院では、患者さまに適した治療を行っております。

油断大敵! ムシ歯ができるまで
油断大敵! ムシ歯ができるまで

歯周病もかみ合せのバランスによって起こる~歯周病治療

歯周病もかみ合せのバランスによって起こる当院では、歯周治療と、かみ合せによる治療を平行して行うことで、高い治療効果をあげています。

現在、院長は東京歯科大学の歯周病科の専修生。歯周補綴の専門家でもあります。

歯周病学講座の先生方と勉強会に参加させていただくのと同時に、歯周補綴に関してアドバイスをさせていただいております。

そもそも歯周病は、細菌による炎症と、かみ合わせのアンバランスによって起こるものです。歯磨きだけでは歯周病は治療できません。

かみ合せのコントロールも重要な治療方法だったのです。

歯医者になれること。それがコツでした~小児歯科

歯医者になれること。それがコツでした当院が小児治療で大切にしていることは、お子さまが歯医者に馴れることから始めています。

最初は歯ブラシを行い、いきなり治療から始めることはありません。また、ご希望があればお母様の為の歯磨き講習も受けることができます。

また、障害を持ったお子様(養護学校に入る就学全児童)に積極的な治療をおこなっております。

小さなお子さまをむし歯から守るために。当院では、さまざまな工夫を行っております。

時には海外からの患者さまも

時には、海外からの問い合わせも今まで、大きな宣伝をした記憶はありません。

でも、話を聞きつけて、遠方からわざわざいらっしゃっる患者さまもいます。韓国から飛行機に乗って治療にやってきた方もいます。先日だって、神戸から新幹線で来てくれた患者さまがいました。

患者さまが、クチコミで来院してくれる。歯科医にとって、こんな嬉しいことはないですね。

ここぐみょうで開院して約20年。やっと多くの患者さまにも認められるような歯科医になったと感じています。

しっかりと「噛む」ことを考える~矯正治療

しっかりと「噛む」ことを考える~矯正治療私たちは見た目の治療だけではなく、しっかりと「噛む」ことを考えて治療を行っています。

成長期にある小学生高学年~12歳くらいまでを中心とし、拡大床という器具を使用した成長を絡めた歯を抜く事のない矯正を行うことができるのです。

2009年4月 5日

全国を飛び回りながら、ほぼ毎日、朝9時から診療室に立つ

全国を飛び回りながら、ほぼ毎日、朝9半時から診療室に立つ2ヶ月に一回の総義歯セミナーの講師。インプラント手術の講師。
月に一度の介護認定審査員としての審査会への出席...。
新幹線のなかでもカルテを確認するような、忙しい毎日を送っています。

とはいえ、できるだけ患者さまと接していたい。
そんな気持ちから、ほぼ毎日、診療室に立ってきました。
私だって、クタクタになって家に帰れば、すぐに横になりたいと思うときもあります。
でも、ついつい机に向かってしまうんです。
患者さまから、お金をいただいて診療している以上、いい治療をしたい。
どんなに疲れていても、自然とカラダが動くんですよ。

私たちが大切にしているのは、患者さまとのコミュニケーション。
初めてお会いする患者さまにも「よぉ!」なんて声をかけたりして(笑)。
すると、3回目の診療あたりから、だんだん打ち解けあってくるんですね。

今じゃ、家で採れた野菜を持ってきてくれる患者さまもいます。
「旅行のお土産です」なんていいながら、おまんじゅうを届けてくださる方もいます。

2009年4月 4日

セミナー、インプラント講師を行っています

ライブオペの様子
▲インプラントライブオペの様子。こうしてインプラント歯科医を育成します。

ライブオペの様子
▲手術だけではなく、講義形式で知識と技術を教えることもあります。

院長経歴

院長経歴院長:今井 守夫

【経歴】
1984年 徳島大学歯学部卒業
1988年 徳島大学大学院修了
1992年 ぐみょう今井歯科医院開業
1997年 健康雑誌「安心」1月号「厳選!信頼できる入れ歯の名医全国リスト500人」の1人に選ばれる
1998年 「歯は保険でここまで治る!あなたは本当によい歯医者にかかっていますか?」共同執筆で出版
2001年 「信頼できる歯医者さん2000人」の1人に選ばれる
2008年 「歯科の実力(読売新聞社)」に掲載される
2011年 歯科医師が読む専門誌「季刊歯科医療」に入れ歯治療技術を連載
2012年 歯科専門誌デンタルダイヤモンド「ルポルタージュ医院経営」にモデル医院として掲載
2013年 歯科専門誌デンタルダイヤモンドに「入れ歯治療技術」を掲載

院長【資格】
歯学博士
日本補綴歯科学会 専門医,指導医
日本口腔インプラント学会 専門医
日本顎咬合学会 認定医
バイオインテグレーション学会 理事
日本アンチエイジング歯科学会 認定医
国際審美学会 OAM先進インプラント 認定医
日本一般臨床医矯正研究会 認定医,理事
介護支援 専門員
厚生労働省歯科医師臨床研修 指導医
日本糖尿病協会歯科医師 登録医
スタディグループ「現代歯学研究会」主幹

高齢者医療のプロフェッショナル

高齢者医療のプロフェッショナル院長は「介護支援専門員」、いわゆる「ケアマネジャー」の資格を持った歯科医です。

「高齢の両親にインプラント手術を受けさせたい」と考えている方も、ご相談ください。
高齢者にもやさしいカウンセリングや治療を行っております。

例えば、麻酔は体調を見てしっかり調整。必要であれば専門の麻酔医が来て、患者さまの体調に合わせた麻酔を行い、容態の変化がないかも随時チェックいたします。

また、インプラント手術において、例えば糖尿病のような持病をお持ちの方は大きなリスクとなります。
当院では、疾患のある方にも安心して治療を受けていただけるよう、さまざまな医療機関と連携。
東京歯科大学の口腔外科医に来ていただき、患者さまが普段飲んでいるお薬の確認を行うこともあります。

インプラントを埋入する骨の状態も、事前に院長がしっかり把握。
補綴医として長年携わってきた入れ歯治療の経験があるからこそ、高齢の方のお口の状態を解剖学的な観点から知り尽くしており、高齢者への治療に最大限に発揮できていると自負しております。

ただ、どんなに設備や技術があっても不安な方も多いと思います。
そんなときは、遠慮なく言ってください。
経験豊富な院長はもちろん、インプラントの知識が豊富な、日本口腔インプラント学会認定専門衛生士も患者さまをサポートいたします。
手術中、スタッフが手を握るだけでも安心される方が多いです。

ちなみに日本口腔インプラント学会認定専門衛生士は看護士でもあり、患者様のサポートのプロです。
車椅子の患者様がいらっしゃったときには、どうやったら楽に身体を移せるかなど、付き添いの方にアドバイスすることもございます。

技術や環境はもちろん、患者さまの不安をしっかり受け止め、その上で安心して手術を受けていただくために全力を尽くします。

2009年4月 3日

安全に、確実に。院内にはCTを完備

確実な治療のため、CT完備インプラントは目で確認する事のできない、骨の中での治療になります。

その為、骨の中の状態を3次元で映像化するCTレントゲンは、安全な治療をする為には必要不可欠です。


CTのメリットは、コンピューターを使った3D画像で骨をチェックできるところ。
骨の奥行き、骨の幅、厚みを正確に知ることが手術の成功率アップにつながります。

インプラントはアゴの骨を土台とするため、骨を確認しないまま手術をしてしまうと、うまく埋入できない場合があるからです。
レントゲンでは、骨の有無は確認できても、奥行きまでは知ることができません。

また、CTを設置していない医院では、大学病院や提携のクリニックで撮影を行うため、撮影までのスケジュールが長くなったりするなどのロスが発生していました。

しかし、当院は院内にCTを導入しているため、わざわざ撮影に行く必要がありません。治療前の診断をスムーズに進めることができるというわけです。

【歯科用CTの導入メリット】
 ・インプラント埋入する位置、方向のシミュレーションが可能
 ・難易度の高い手術ができる
 ・骨の状態を正確に把握すれば、治療の安全性が高まります。
 ・事前の確認ができるため、切開部分が狭くなることで患者さんの負担軽減に
 ・治療時間の大幅な短縮が可能
 ・自分の骨の状態を患者さん自身がしっかり把握できる
 ・医科用X線CTと比較して、被爆量は1/100~1/30程度と少ない

130度以上の高圧で菌を殺す~オートクレーブ

130度以上の高圧で菌を殺す~オートクレープ滅菌を行う機械です。

通常の消毒ではウイルスや細菌を完全に拭い去ることはできません。そのためこのような特殊な機械を使用して、徹底的に滅菌を行います。

感染対策で安全な治療~滅菌キャビネット

感染対策で安全な治療~滅菌キャビネット治療用器具を紫外線で殺菌すると同時に、オートクレーブで高圧滅菌した器具を清潔なまま保存する役目があります。

ぐみょう今井歯科医院ではキャビネットを3台設置し、常時万全の体制をとっています。

あえて仕切りを取りました~診療室

あえて仕切りを取りました~診療室個室で診療を行っているクリニックが多い中、当院ではあえて仕切りを取り広々と診療を使っております。

なぜなら、安心して治療を受けて欲しいから。
密室での治療ではなく、オープンな治療。下手な治療をすればすぐにわかってしまいます。

シーンとした個室より、ほかの患者さまとスタッフが雑談している声が聞こえるくらい和やかな診療室もいいものです。

感染対策や滅菌には細心の注意を払っている『オペ室』

new_clinic-op.jpg
常に気持ちよく使用していただくために、感染対策や滅菌には細心の注意を払っています。
プライバシーに配慮した個室の診療室です。

ユニットには大画面のモニターを設置。患者さまのお口の中の写真を映しながらご説明することで、分かりやすい治療案内ができるよう心がけております。

カウンセリングルーム

new_clinic-ca.jpg治療前のカウンセリングや、治療計画などのご説明をおこなうカウンセリングルームです。治療に関する悩みはもちろん、費用や期間のことなど、どうぞお気軽にご相談ください。

2009年4月 2日

医院案内

ぐみょう今井歯科医院のアクセスと医院案内です。

医院名 ぐみょう今井歯科医院
院内紹介はこちら
医院の外観
住所 〒283-0002
千葉県東金市求名895-6
電話番号 0475-58-7374

診察時間
午前の部 午後の部
月~金 09:30~13:00 14:30~20:00
09:30~13:00 14:30~18:00

アクセスマップ

医院情報・アクセス
医院名 ぐみょう今井歯科医院
住所 〒283-0002 千葉県東金市求名895-6
電話番号 0475-58-7374
交通 JR東金線 求名駅 徒歩12分
地図
大きな地図で見る

インプラント以外の治療にも対応しております。一度ご相談下さい。

【診察科目】
インプラント治療/かみ合わせ治療/入れ歯・義歯・歯牙移植治療/むし歯治療/小児治療/矯正治療/審美治療

【連携病院】
下記の大学病院・医院と連携しております。
当院で診察し、さらに精密な検査、処置が必要な時は紹介状をお渡ししますので、それを持参して大学病院にいっていただきます。

東京歯科大学病院
千葉大学病院

※上記病院以外にご紹介する場合もございます。

2009年4月 1日

キレイな笑顔を取りもどす~審美歯科

キレイな笑顔を取りもどす~審美歯科ホワイトニングをはじめ、他院さまから「どうしても白くならない」と言われた患者さまにも対応しています。

白くて歯並びのキレイな方の笑顔を取りもどしてください。

個人情報について

ぐみょう今井歯科医院(以下、当院)は、ご予約やご相談・資料請求などで皆様に個人情報の提供をお願いすることがあります。当院は、ご提供いただいた個人情報に関して本「プライバシーポリシー」にし、取り扱いに細心の注意を払っています。

当サイト上でお伺いする個人情報について

ご予約やご相談、資料請求時にお伺いする個人名、メールアドレス、その他の個人情報は、適切にご予約を受付けたり、ご相談内容、資料請求に適切にお答えするために必要なものです。これら以外の目的では使用致しません。

個人情報の開示について

当サイトは利用者の個人情報を原則として開示することは致しません。

個人情報の利用と提供について

当院では、お答えいただいた個人情報を、販売したり、貸し出したりすることはありません。下記の場合においてのみ、個人情報を外部に提供することがあります。

・利用者の方の同意があった場合
・裁判所や警察などの公的機関から、法律に基つ"く正式な照会要請を受けた場合
ご利用者にサービスを提供する目的で、当院からの委託を受けて業務を行う会社が情報を必要とする場合。(ただしこれらの会社も、個人情報を上記の目的の限度を超えて利用することはできません。)

尚、ご相談に関しまして、公益性があると判断した内容を当サイト及び当院関連サイト上で公開する場合がありますがその場合は個人情報が特定されない状態で公開します。

当院の個人情報管理責任者

ぐみょう今井歯科医院
院長 今井 守夫

〒283-0002
千葉県東金市求名895-6


2009年3月 « トップへ » 2009年10月


文字サイズ
を変更する